FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
外国に住むということ。 ~今から海外に住みたいと考えている方へ~
2011-10-04 Tue 17:07
2011年3月11日。
福島原発事故以来。。。大量の放射能が現在も巻き散らかる中、私は、できるだけ福島原発から離れるように呼びかけていた。
そして、願わくば海外に逃げて欲しいと訴えていた。

でも、最近考えが変わった。

日本人が独立して海外に住むということは並大抵な努力では成り立たない。
外国人どうし、違う国に住むのも大変だと思う。。。
中小企業や大手企業の駐在員や住んでいる地元の国の方との国際結婚など、企業や親戚などの助けがある、サポートもある。
0から始めるって、本当に大変です。
でもね、いくら知り合いが居るからとはいえ、確かに手を差し伸べてくれる人はいるけど、自分で解決することがはるかに多いし、解決できない場合が多く、場合によっては帰国している方もいます。
正直、日本では考えられないことに遭遇し沢山の涙や人には言えない、いや分かってもらうのに理解しがたい問題が多いです。
サイトから写真をお借りしました
海外に住むって、結構犠牲も付きものだし、出費も何かとかかります。
それで、トラブルに巻き込まれ、せっかく移住したのに、帰国しなければならない状況になったら…と考えると、日本でも安全と言われる場所に移動して、生活したほうがまだいいかもしれない。
海外に比べたら家族のサポートは目にいくし、言葉や食べ物、宗教や人種問題等嫌な思いはそこまでしないでもいいから。

今までにない嫌な経験を味わったから、もう私の口からは
海外に出てほしいその言葉を言うのはやめた。

大げさかもしれないけど・・・
それでも本当に日本に出たい強い意志と、守りたいものがあるのなら・・・出ても大丈夫だと私は思う。
・・・いや、本当に守りたいものがあると本当に人はどんな環境にいても強くなるよ!
でも、そこまでに達していない意思だったら少し考えたほうがいいと思います。


海外に住むって特にヨーロッパは憧れと現実は本当に違います。
沢山の資金がるのなら別ですが、でも難しいと思います。

食事はもちろん、文化や歴史が全然違います。
特に、そこの人間との問題。。。
私は初めて住んだ国は、いつくかのパターンに人種が別れていて、国際派か国内、離島マインドがあり、それを見極めて人との付き合いをしていました。
それでも難しい外国人との付き合いし、何らかの形でいろいろなことに巻き込まれます。

特に私が1か月前に住んでいた国は、本当に人間関係が閉鎖的で、こんなに知り合いができない地域は珍しかった。
人それぞれだと思うけど、私には全く合わない国だった。

「フクシマ」連呼を川島選手に謝罪 ベルギーのサッカークラブ

以前、ニュースでも大きく取り上げていたが、これは確かにみんながみんなそうではない。それはわかっている。
でもね、私も実際
日本のイメージ、ワッフルと言えば…
人から川島選手みたいに、日本人と言っただけで、凄く嫌な顔をされて同じようなことを言われました。
ものすごく悔しく、腹が立って、私もかなり激怒して、
:下水もない国の人間にそんなこと言われる筋合いはない!!
と、文句を言いました。
みんながみんなそうではないにせよ、
日本のイメージ、ワッフルと言えば…
ってそういう人が多いように思います。

実際私には、福島出身のとても大切な友達もいる、そして福島を元気付けるようにといろいろ活動をしている方も知っている。
福島県はもちろん、日本の事情を知らない外国人から言われると本当に腹が立つ。


確かに地球上で最も放射能が強い場所トップ10が公開される(←あれ?フランスが記載されていない)というニュースが最近話題になっていますが、正直、今世界中で大きな問題を作っているのは日本です。
それは、痛いほどわかる。だから、海外でも反原発を訴えていました。

色々な外国人の知り合いがいますが、こんな事を平気で言う人種は私が知っているかぎり、
日本のイメージ、ワッフルと言えば…
人が初めてでした。

そして、私が風邪をひいてセキをしただけでも、露骨に避けるのも
日本のイメージ、ワッフルと言えば…
人でした。←あっ、写真がしつこいって?!
・・・1年以上この地に住んでいて、一時帰国をしていないことを知っていても、周りからそういうことをされました。

きっと、私そんな受けたことがないという人もいると思います。
ムッとされる人もいるかと思います。
私は、実際その人たちに受けた事実を書きました。
私は、嫌な思いをした国の人間じゃないし、その人たちと囲まれた生活環境にもいない、まだ平等な目で人を見ています。
もし、このことが参考になればという気持ちで書きました。
これから、お付きあいする方に私の嫌な経験のひとつですが少しは参考になるでしょう。

言葉の嫌がらせや何らかのトラブルを受けていないのならラッキーだと思います。
生きている以上、トラブルが起こらないなんてまずありえないと思います。
もし、似たような問題に遭遇した時の、対処法として応対する方法が出てくると思いますよ。
それに、福島原発の問題が解決し、そして日本が脱原発宣言をしない限り、このような問題は徐々に増えていくでしょう。

あの国で受けていやな思いをした、ここで公に話せる範囲のひとつの例ですが。。。少なかれいろいろな経験はします。
でも、その分喜びもあります。1日1日・・・毎日が勉強のように思います。
ヨーロッパに限らず外国って日本に比べ不便な面が多いけど、つい日本と比較して、便利社会が進み本当に私は幸せだったのだろうか?なんて、哲学的な考えや、不便だから、現地の人とコミュニケーションを取らないといけないため、会話が出てきます。
いつも近所に咲いているラベンダーの香りで癒されました。
ここでいつも思うのが、人から嫌な思いをしても人と接したくて、話したり、笑ったり・・・言葉の壁や人種的なこともあるけど、人間が好きなんだな・・・って。人は一人では生きていけないから、たくさん人と出会う中で、気の合う友達やパートナーを見つけられたら、それが宝になり自分も幸せになるんだよね。。。なんて考えるようになった。
そういう気持ちを忘れたら、悲しいな。。。

ここで私が何が一番言いたいのかというと・・・。
それぞれ、自分に合う国合わない国があります。
合わない国に住むと本当に人生を思っきり狂わされてしまいます。

このご時世、やり直しが難しい時代に入っています。

経験からして。。。
一度住みたい国やオファーがある国がありましたら、短期間でいいです。視察として一度滞在をすることをおすすめします。
そこで実際の空気や人々を観察し、ここでやっていけるようでしたらすまれたほうがよろしいかと思います。
現地に住んでいる日本人やその方の情報は得てたほうがよろしいと思います。
後、海外情報を問い合わせをされる方へお願いがあります。
問い合わせの返事に答えて下さる方は、海外移住に関する情報を得るのにメールや情報等貴重な時間を割いてくれているわけです。そのことは忘れないで欲しいです。その方の好意で返答をしてくださったわけで、業者の方ではないということを。。。


本当、嫌なことを書きましたが。。。嫌な経験をしも強い心があったらどこに行っても大丈夫ですよ。立ち直るまでしんどいけど。。。
きつい内容でしたが、もし外国へ移住される方、それぞれ色々な覚悟があるかと思います。
一番私が辛いのは、せっかく色々な覚悟や犠牲をしてまで外国に移住したのに、トラブルが生じて帰国しなければならない状況になったら・・・一番悲しいのは本人だと思います。
それぞれに充実した生活ができますよう、心よりお祈りいたします。


ブログランキングに参加しております。
画像をおして応援してね ブログランキング・にほんブログ村へ

ご覧になりましたら1クイックずつ押してくださいね。
スポンサーサイト
別窓 | 私から見た国際視線 | コメント:0
<<これ以上円高にならないでっ、と飼い主の呟きに、ペットは散歩させろと訴える! | 太陽とオリーブに囲まれて ~地中海へ戻ってきました~ | キャンピング de 食事♫>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 太陽とオリーブに囲まれて ~地中海へ戻ってきました~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。